2006年03月20日

卒園式

18日、長男坊の保育園の卒園式だった。
正確には「卒園を祝う会」。

彼が3歳児の頃から在園児の親として出席しているがもう
毎年号泣!

3歳児の時は開園一年目の最初の卒園児を送った。
4歳児の時は二年目で2年間を一緒に過ごした子供達を送った。
おまけに父母会の会長だったので代表の挨拶までしちゃったよ!

「よくぞここまで大きくなったね」とか「今まで仕事をしながら
の送り迎えお疲れ様でした」とかモロモロの気持ちがごちゃ混ぜ
になるし、おまけに父母のどちらかが子供に一言いう場面がある
のだけれど、それがまた泣けて泣けて・・・。

人の子供でこれだけ泣くんだからさぞかし自分の子供の時はもう
ボロボロだろう・・・と思っていました。

が・・・

泣かなかった。

なんというか冷静なんどすな。
普段着ることのない一張羅を来て一番前に座り、誇らしげながら
も途中飽きて足掻いたり、にやにや笑ったりしている我が子を
見てると
「もっとシャンとしろよ!」とか
「肝心な卒園証書をもらうところで変なことすんなよ!」とか
雑念と緊張でいっぱい。
おまけに育休中で日中基本的に暇なワシはその後の謝恩会みたい
なことの段取りをなんとなくやっていたのでそのことで頭一杯。

基本的に仕切り屋じゃないからすんごく苦手なの、そういうの!
でも皆仕事してて忙しいから、やる人他にいないから・・・
じゃあ、やるよ!!って受けてしまうオノレが憎いなりー!!

「子供への一言」って二年間見てるけど圧倒的にというか何故か
全員母親が言う。
直前の保護者会で「別にオヤジが言ってもいいんですよね?」と
確認し、「どちらでもいいんですよ、基本的には(苦笑)」と
いうお答えをいただいたので家は父親に言ってもらうことにした。

保育園というからには基本的に父も母も働いている。
でも話をきくと家事・育児の分担では母親にのみ負担がかかって
いる家庭も多い。

「働いている」ということでは父も母も同じなのに。
まあその家庭内のやり方や父母の相性や性格、色々あるから
なんとも言えませんが家は基本的に「親は2人いるから」を
モットー(っていうのかな、こういうの)としているので
ワタクシはかなり自由にさせていただいとります。

父親から子供へのメッセージ・・・かなりシッチャカメッチャカ
だったが概ねワシの思っていることと一緒だった。

オマエから毎日幸せをもらってるよ、ありがとう!

親はなくとも子は育つ。
だが親は毎日子に育てられている。

感謝!

卒園式からその後のゆる〜い謝恩会までずーっとビデオ撮影して
くれていたシンゴにも本当に感謝!
posted by ヴー1 at 01:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

風邪

ひいた。久し振りに具合悪くなった。具合悪いのいやいやーん!
だってもれなくわしの傍にはチビすけが・・・。
熱出たり、体調が悪くなったりするのはチビ相手の休めない
稼業だと本当につらいので気をつけてはいたのですがー!

どんなに横になって寝ていたくても容赦のないチビすけ攻撃。
多少泣かしてもまあ、いいや・・・と思ってぐったりしていると

「フンギー!」
(なんで近くに誰もいねえ!?の意・・・たぶん)

と怒りだす。

ならばワシの横で寝ていろよ、と一緒に寝かすと

「プキャー!」
(おい、起きてるならオレと遊べ!の意・・・たぶんな)

仕方が無いので腹の上に座らせて横になっていると

「・・・ヒャッヒャー!フギャピー!」
(手ぇ抜くな、コラ!の意・・・本当にたぶんな)

あんまりな仕打ちについつい

「ウルサイよ!静かにしろっ!」と声を荒げると一瞬止まって

「ウキャウキャ!!揺れるハート」と喜びやがった。

・・・・・・・あれっくす!?

再度「静かにしろっ!」

「ウキャキャーキャっ!ハートたち(複数ハート)」とひっくり返ったかめみたいにジタバタ喜んでおる・・・。

試しに
「ひろすけ!」(怒声)
「キャキャー!(喜)」

「暇かっ!?」(怒声)
「ウギャウギャ!!(大爆笑)」

「がちょーん!!」(怒声)
「ウッグッグッグ!!」(さらに大爆笑)

何をやっても遊んでもらっていると大喜び。

・・・早く人間になれよ・・・(微風)
posted by ヴー1 at 13:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

久し振りに

バレエを観に行った。「くるみ割り人形」。
大概クリスマス前後にやるので多少季節ハズレですがね。
関係ないでしょ。バレエを観るのはとっても好きだし
息子の保育園の友達の姉が出演していたので、息子を強引に
誘い二人で行きました。
くるみは子供が観ても楽しいしな。

最初はしぶしぶだった彼も、日頃次男にかかりっきりの母親を
独占できてとてもうれしそう。
ワシもあわよくば「オレもバレエやりたい!」なんて言わない
だろうか・・・?とプチな欲望を胸に抱きつつ。

男性がジャンプしたりクルクル回ったりしているシーンでは
釘付けだったが、花ワル(花のワルツですな。わりとバレエ
やってる人普通に言うんだけど少し笑える)など女子が優雅に
踊るシーンでは退屈で退屈でヌラヌラしてました。

おまけに二幕の雪の女王のシーン後、休憩で緞帳が下りたのだが、
舞台前面に舞い散った紙ふぶきを懸命に拾ってた・・・。

しかもそれを自分の席で舞い散らせていた。

いつ終わるの!?としつこく聞くので「三幕はお菓子の国だよ」
と教えるとワクワク。

でも途中でコソコソと「お菓子どれ?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本物出てくるわけじゃないからーーー!!


そんなこんなで基本的に退屈だったらしい。
もちろんバレエやりたい、とも言うわけもなく・・・。
ワシは楽しかったけどな。

帰りの電車内で


「オレ達は右側です、ってどういう意味?」


と聞かれました・・・・・・。


それは

「お出口は右側です」

だよ・・・(遠目)
posted by ヴー1 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

人生初の

熱発をした家のチビ。昨夜からどうにも気持ちが悪いらしく
ピャーピャー叫んでいる。

恐竜の赤子みたいです。

「ピミャー」とか「フヒャア」とか「ピキー!!」とかよくも
まあそんなにバリエーション持ってるね、オマエ・・・と感心
する。

今日も朝から盛大に機嫌が悪く雄叫びまくり。

あまりのすごさに思わず
「何の生物だよ!!」とブヒャブヒャ笑ったら長男に

「笑い事じゃないでしょ(横目)」とたしなめられました。

・・・・・・・・・・・・・すいま。

「しょうがないな。お兄ちゃんが面倒みてやるよ!」と男気を
出している。

でも約束していた子が迎えにくるとあっさりと遊びに行って
まいました・・・。

おーい、待ってくれぇぇぇ!ワシも連れてって・・・(涙)
posted by ヴー1 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

あの

主に年配の方の自転車運転時の「チャリンチャリン」攻撃な
んとかならんですか!?

歩道を走ってるのに「チャリンチャリン」

何故か角を曲がる時に「チャリンチャリン」

あれは何の主張なのだろうか。
人一倍チャリマナーにうるさいオイラとしてはとっても気になり
マス大山!(激突死)
「老人が通りますよ!」の合図であって欲しい。でなければなんなのだ!?

ところでイエスタデイはヴァレンタインデイでしたね。
家の長男君ったら二個もらってましたよ。同じ年長クラスの子に。
しかも「いくちゃんにしかあげてないから内緒ね黒ハート」だって。
かーわいー!
恥ずかしそうな表情で渡す彼女らに対して息子は

「あ、ありがとう」って全く普通にもらってました。
おまけに

「オレ、モテるんだなあ、やっぱ

「やっぱ」って何よ!?自慢!?

挙句3ヶ月の次男に向かって「オマエもモテろよ!」
だってさ。

どうなのよ、それ!?

そんな長男は
「トリノオリンピックって何の鳥のオリンピックなの?」と真顔で聞くダス。

答えたくない・・・。

posted by ヴー1 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

二月です!

こないだ年明けたのにあっという間だすな。
どうりであっという間に年とるはずだ!(怒)

我が家のF越E一郎似の次男もこの世に誕生して三ヶ月が過ぎた。
ステキな4頭身だ(泣)
なんだかとっても顔がでかいし腹は四段腹。もしや・・・と
思って長男の母子手帳と見比べてみる。

長男の6ヶ月健診の頃の体重を越えてます・・・。


やっぱ、オマエでぶ!

まさに贅沢な肉、略して贅肉が体中のいたる所に!!
いくら赤子でもやりすぎだろう、チミ!

小顔の長男と並ぶと本当に顔がでかい。二重アゴだし〜!
寝ている姿はとても立派なお人形・・・

むーん、むーん・・・

ダイエットでもさせるか・・・。

育&ぴおビックリ.jpg


おっ、オレのせいじゃないっ!
posted by ヴー1 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

残念・・・

明日(今日)は保育園の「冬のお楽しみ会」だったのだが
急遽延期に。
かなりウィルス性の強い下痢嘔吐が出てしまい保健所の
指導が入ったらしい。しかもこれ、大人にもしっかり
うつるらしいっす!!

おえぇぇぇ・・・下痢も嘔吐もイヤ・・・。

張り切って練習していた息子に話すと半泣きになった。
彼の役は「舌きり雀」のおじいさん。ちょっと脱力。
かなり力入れてたらしいからな。その「力入れてた」って
のも笑えます。

残念がってる彼に、各家庭の都合がよければ来週に
延期するらしいから安心しろ、と伝えたが肝心の「来週」
がどのくらい距離感なのかイマイチ掴めなかったらしい。

「あと何個寝たら来週?」
「8個?8ってどのくらい?」

いや、どのくらい?と言われましても。

わしゃそっちのほうがよっぽど残念に思う!

おまけに次男は風邪ひいたっす。遅ればせながら今度の
日曜にお宮参りの予定だったのに。

残念だったね、キミ(遠目)。

残念な兄弟↓
育&ぴお2.jpg
posted by ヴー1 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

むくの好き

朝から構造偽装問題の国会での証人喚問やっとる。
見たいのですが赤子がA歯(元)建築士が出るとビービー
泣いてウルセーのでTV消しました。
コイツもワシと同じく髪型に異議があるらしい・・・ねーか。

ワタクシは皮をむくのがとっても好きです。好きで好きで
たまりません。
と言っても野菜や果物の皮じゃありませんよ(横目)
人間の皮膚です。

唇はもちろん皮膚が少しでもめくれ上がってる箇所を見ると
もう我慢ならん。

「いけない・・・悪化するわ・・・大人気ないしみっともない・・・
やめよう。うん。やめといたほうがいい。」と葛藤した次の瞬間に
もう手、伸びてるモンね(鼻息)

もう病気に近いな。いや、きっと病気だな。
おかげで冬場はいつも唇から血流してるし、かさぶたはすぐに
剥いじゃうので傷口は必ず痕が残るっす!
ただでさえ年齢的に傷は治りが遅いのに・・・ジーザス!

でも今はとっても楽しいの。毎日毎日ムキ放題!
何ってそれは赤子の頭皮。

実は新生児の頃からコソコソとむいてました・・・。
産院の授乳室で目の色変えて体中むいてましたよ・・・。
助産師さんに見つかるとうるさいのでほんとにこっそりと、だ
がしかし熱く。

一ヶ月を過ぎると赤子の皮膚もだいぶ落ち着いてしまいます。
しかしワタシは知っていた。
あとまた一ヶ月するかしないかの内に頭皮がむけてくることを!!
そして今がその時期です。

姉さん、ついに来ました!!

ちょっと黄色みがかってむけかかった頭皮が「オレをむいてくれ!」
と言わんばかりオイラを刺激します。
かるーく毛をひっぱると「へにゃ」っと頭から浮きます。
皮膚を傷つけないよう、そーっとそーっと爪で丁寧にはがします。
なるべくその形をキープするように細心の注意を払います。
大物が取れた時は心のそこからすっきりしますが途中で形が
こわれてしまったりすると憤懣やるかたない!

ところが次男坊は長男と違ってワシが皮膚をむいていると頭
動かすんだよ、これが!長男されるがままだったのに!
「ねーちょっと、ちょっと落ち着いて!いいから落ち着いて!!」
などと頭抑えたりして・・・。

・・・・・・・・・・・

「落ち着いて!」は自分っす!押忍!!
posted by ヴー1 at 13:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ブルブル・・・

寒いですね。人生の主な部分では札幌育ちのわしですが
東京の、このいさぎの悪い寒さには弱いんだす。

家の長男もとっても寒がりで冬は朝起きるなり「寒い〜!!」と
半泣き。

何故に泣く!?

保育園に迎えに行けばフリースのベストの上にトレーナーを
着るというアヴァンギャルドな格好をして走り回っている。・・・
それ、暑いのでは??

そんなわけで今朝からマフラーを導入しました。

「あったかいだろ!?」と問うと何故か苦い顔。

ぺ・ヨンジュンみたいでやだ〜!」


・・・似てねーよ・・・

しかもフルネームで名指しして拒絶。

おまえ、おば様の敵!

挙句

「あの人さー、

ちょっと厚着だよね(渋面)」

・・・おめーもな・・・

posted by ヴー1 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

出産間近の本日

息子んぐより忠告を受けた。

「ねーお母さん、うんちの時あんまりうーんってがんばっちゃ
ダメだよ。赤ちゃんが出ちゃったら間違って流しちゃって、
海に流されちゃうでしょ?わかった?」

・・・・・・・・・・

わかりました・・・わかったけど


間違って流すか!?しかもいきなり海まで行くか!!!


本番予定まであと二日。

posted by ヴー1 at 23:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

あっという間に

9月になりおった。日曜は選挙だ!
おいらは産休だ!サンキュー(爆)!

街中には選挙のポスターがバシバシと貼ってある。
家の息子んぐはとっても気になるらしく「この人は変な顔だ」
とか「なんでこんなにかっこつけているのか、こいつは?」
とかいちいち文句をたれる。

T中Y夫のポスターに関しては「この人、大人なのになんで
顔にこんなの描いてるの?・・・おかしいよね」だそうだ・・・。

挙句の果てには
「ボク誰に入れようかな・・・あ!コイズミ!」だってさ。・・・
いや、それはちょっと違うし大体あなた、選挙権ありませんから。
しかしこんな小さな子供にまで名前が浸透しているのかと軽く感心。

でも「コイズミってさー・・・何?」
あー、音で覚えているだけで具体的に何をしているのかは知らんのな。日本の総理大臣だと教えるとたいした関心も示さず「じゃーアメリカは誰?」と言う。
なんで突然グローバル?

「アメリカは大統領っていうんだよ。ブッシュな」

「ふーん・・・「ブ」がつくなんてさー、
オナラみたいな名前だね、

えへへ」

うーん・・・マンダム・・・
posted by ヴー1 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

父の日

東京地方はとても暑い父の日でした。
義父にはしっかり贈り物をしたのに実家の父親のことは
すっかり忘れており、電話もしなかった親不孝者のバカでーすわーい(嬉しい顔)

「うっかりしてたの。間違っちゃったの・・・。」

家の息子もよくこうやって言い逃れをします。
わしの子だから仕方ないね(悟り&サラリ)

今日TVにAジャ・Kングが出ていた。その顔をみて息子が
「どうしてこの人、顔にこんなの描いちゃったのかなあ・・・」と
不思議そうに言った。
洗濯物を干しながらいつものように「そういう風に描きたかった
んじゃないのか?」(まともに答えるのすげーめんどくせー!!)
と適当に答える。

しばらくじーっと彼女の顔を見ていた息子は弁護するかのように「・・・きっと間違って描いちゃったんだよ(渋面)」・・・・・・。


間違ってもあんなの顔に描けないから!!!!!

posted by ヴー1 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

ぬ・・・ぬををををを!!

我が家のカブトムシの幼虫さんが立派なサナギになりつつある!

おえぇぇぇ・・・。

サナギだからオスメスがわからんと思っていたが、サナギに
覆われた角がいつの間にかあるではないか!
しかもまだサナギなの。
あの茶色い皮かぶってるのにちゃんと角の形をしとるの。
無駄に甲虫の好きな息子んぐは大喜びで「ねー!見てごらん!
角あるよ、角!!」とわしを呼ぶがはっきり言って気持ち悪い
ので見たくはない。ううううう(泣)

カブトムシさん用の土やゼリーなんかも早々に買わされるし、
もういやですばい!!「早くお家作ってあげた方がいいん
じゃない?」と無邪気な彼に「死んだら困るから触らないほう
がいいよ・・・(脅)」と延ばし延ばしにしているが本当は
いつ移せばいいのかがわからんですたい!!

しかも触りたくはなかとです!!助けて、ファーブル(没)!!

ところでまだ6月半ばなのにもう七夕系の準備が保育園で始まっているのだろうか?夕食時に息子が「ねーボク死んだらダメなんでしょ?」と言う。「はぁ、そりゃもちろんな」
「じゃあさーボク、今年はお星(短冊の事を言っているらしい)に

ボクが大事に育ちますように

って書いとくね」とクソ真面目な顔して言い放った。

えーっと・・・・・・・・・(ポリポリ)
posted by ヴー1 at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

わんわん!

なんかよー、保育園の父母会の資料作ってたらこんな
時間になっちまったぜ。

けっ!今年度やっとのことで会長(あだ名)を退きました。

めでたし、めでたし。

ところでよー、同じマンションに住む知り合いから
カブトムシの幼虫もらっちまってよー・・・。
今土の中でサナギになりかかってるんだけど。息子大喜び。

わし少し悲しみ・・・。仕方ねーよな、昆虫好きだしムシキング
好きだし、ヤツのことはもう止められねぇよ。

でも大人なわしはいつ成虫になるのかとビクビクしています!

これ育てなきゃやっぱダメですか!?
スイカとかあげなきゃダメなのかい!?
ちょっと油断してるとアリとかダンゴムシとか捕まえてきて
育てようとするし、オイラはきついぜ!

なんでそんなに育てたい???放っといても勝手に
大きくなって勝手に死ぬから!勝手にさせといてあげな!・・・

夏がくる・・・。サナギは成虫になる・・・
セミの死骸なんかも拾ってくる・・・。

おえぇぇぇ!イヤな季節だ!


・・・かく言うわしも子供の頃、ウジ虫を「かわいい幼虫」と
ほざき大量にこっそり家に持ち帰り、ブロック(レゴじゃないよ。
ダイヤだよ!)でお家を作り飼っていたら母親に絶叫
されました。・・・やっぱ廻るんだね・・・

ま、ウジよりはマシか(笑顔)

いよいよ明日(もう今日?)深夜からラジオ「聴かなくちゃバツ!」http://radio-in-shout.seesaa.net/始まります。どうぞよろちくお願いします・・・・・・。うーん気弱。
posted by ヴー1 at 01:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

先日

シャウト企画でシンゴさんとわしの誕生日を新宿でお祝いして
いただきました。

わしはデヴィッド・シルヴィアンのソロ初アルバムをいただき
ました。

好きで何回も聞いていたのに人に貸したりしているうちに
なくなってしまったアルバムでしたが、再び出会えることが
できました。

激感謝!!!皆様ありがとうございます!

ところでわしは毎日息子んぐと風呂に入っておる。
ちょっと前までの「一人で風呂に入る」ブームが完全に去った今、
彼は大人と一緒じゃないと風呂には入らない。

まあ、どうせこっちも入るし以前よりずっと風呂に入れるのは
楽だからいいんだけど。シャンプーハットもすっかり卒業したし、
のんびりと入ることは一切ないがそれでもかなり楽になった。

まずヤツの頭をガシガシ洗う→体を洗う→湯船に入れる→
己の洗髪・洗体・洗顔→自分も湯船に浸かる。日々この手順で
こなしている。

わたくしの「洗髪・洗体・洗顔」タイムは彼にとって遊びの時間。
湯船に様々なものを持ち込んで(主にソフビ戦隊物の人形)
一人ご満悦だ。

「ていやっ!ビシ!」「うわー!!ブシっ!!」(共に声太い)

効果音も己で出しつつ一人何役もこなしている。

「おまえは、おまえは誰だぁぁぁ!?(はあはあ)」

「オレか?オレ様は○○レンジャー!!」

「はっはっはっは!!そんなの無駄だ!!(わりとええ声)」

いきなり何が「無駄」なんだかわからんが聞きかじった
「少し大人っぽいと感じられる言葉」をたまに発する。

「きゃぁぁ!こっちよ!○○!」

「だいじょうぶかっ!」


「だいじょうぶよ!愛してるわぁぁぁ!!」

うーむ・・・。「愛してる」んですね・・・。
女子役も引き受けている。
まあ一人でやってますからね。

「ちょっと!ちょっと、

紹介する!!(得意気)。

こっちは○○だ!!」

「そうか、オレは○○!!」

「ありがとう!よろしく!ガシッ(握手の音と思わるる)」

「オレも紹介するっ!!こっちは悪者だ!!」

「こんにちはっ!オレは悪者ですっ!(さわやか)」

「みんなっ!一緒に泳ごう!!」

「おうっ!

任せとけぃ!!


ホントに死にます。「紹介」後は「泳ぐ」んですね。で、「任せる」んですか・・・。「悪者」もみんな一緒に。

平和なり。


posted by ヴー1 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

複雑なバースデイ

本日は誕生日。

うっかり素通りするところでした。
素通りしちゃったっていいんだけど。
もはやうれしくもなく、かといって悲しくもなく
まぁはっきり言ってしまえば「もーどうでもいい」のだ。
昨夜義母に言われて思い出したくらいだし連れも

「あ、誕生日だったっけ」だし、実の父にも「ところでいくつに
なったんだ?」と聞かれる始末。ははは。

昨夜から連れの実家に息子と泊まっていたので三鷹で
一つ年をとりました。
今日は義母がどうしても息子んぐを町内会の運動会に出場
させたがっていたので一緒に行った。
わたしをご存知の皆様にはわかっていただけると思うが、
「運動」が大嫌いなわしはその「会」もやたらと嫌いなの。
見るのも出るのも。かなりしぶしぶである。
でも仕方がないので近所に住む親戚の子Kちゃんと義母と
息子んぐとわしで徒歩7〜8分くらいの小学校のグランドに
向かった。

息子はわざわざ家から運んだオレチャリ(補助輪付)で
Kちゃんの後ろをうれしそうに走る。
歩道が狭い(人一人分くらい)のでKちゃんは車道を走っていた。
5年生だもんな。ふらつきもないししっかり端っこを走っている。
オイラの息子(4歳)もマネして後ろを走るが基本的に
あちこちに気がそれる(鳥・虫の死骸などの発見により)ので
酔っ払い運転な上に居眠りこいてますね!?くらいの勢いで
フラフラだ。

あとを追うわしも大変。


「だから前見ろってばよ!!」「フラフラすんな!!」
「端っこ!端っこ!!」

結構スピードを出す彼の横を怒鳴り散らしながら帆走する
のは正直キッツい。
あんまり車通りもなかったが必死なこっちをよそ目に調子
こいて片手運転とかしやがる(もうフラフラ通り越してグラグラ)
もんだからついにわしもキレる。


「何回同じこと言わせる!?まっすぐ走れないんだからオメーは
歩道を走れ!!」

「Kちゃんの後ろ付いて行きたい・・・」も「うるさい、ダメ!」
と一喝。
歩道と車道は植え込みで仕切られているのでこれでヤツも車道には
おいそれと出られない。
彼は「ねぇKちゃん、待ってよぉぉ!」とさらに必死の勢いで
自転車をこぐ。
どんどんわしと義母から離れていったが植え込みがあるから
大丈夫だろうと思いつつも幼児のことなので目だけは離さずに
義母と世間話などしつつ歩いていた。

7〜8メートル離れてしまい「あー、そろそろ近くに行かないと・・・
」なんて思って走り出そうとしたその瞬間だった。

「はにゃ・・・!?」

トキの有情破顔拳(ウジョウハガンケン・「北斗の拳」より)にやられた人みたいな声が思わずもれる。

なんとやつの頭がフラァ〜っと車道に出てきやがった!!!
植え込みに切れ目があったのをわしは見逃してしまっていたのだ。
しかもコントロールが甘いので小学生くらいだったらそのまま
端っこによれるのに彼はヨロヨロと真ん中まで出てくるでは
ないか!!


「あんの、バカたれがぁぁ!!!!!」と思った刹那わしの横を
一台の車が通過。みるみるヤツのいる地点に近づいていく。
血も凍る瞬間というのはああいうのを言うのだろう。

「危ない!!」と言ったあとは自分のものとも思えぬ金きり声が
あたりをつんざく。

周りの音が聞こえなくなり全てがスローモーションになった。

「あぁ、もうだめだ・・・。」

スローモーションになった車はそのまま止まった。自分の耳に
音が戻ったと思ったらわしはすでに息子のそばにいた。
どうやって駆け寄ったのか覚えてない。


よくぞ、よくぞ止まってくれました!!!見ず知らずのあなた!!
命の恩人です、マジで!!!

ポカンとした顔の息子と車との距離は1メートルもない。
あと10キロスピードが出てたら轢かれていただろう・・・。
チビルかと思うほどの安堵感のあと瞬時に怒りが沸いてくる。
とりあえず車の運転手に謝らないと。さぞかし寿命が縮んだこと
だろう。すまないことをした。


「ごめんなさい!!本当に済みませんでした!!」

でもわしはそれを息子への怒りのテンションを引きずったまま言い放ってしまいました。
謝ってるのか怒ってるのかわからない顔が怖かったんでしょうね。
助手席の子供の顔ひきつってましたよ・・・。
わしとしては本当に謝ってたんですが。
重ね重ねごめんなさい。

「○×△?!窟癲・・・・・・廚發・・・任睫・・錣・蕕覆い曚匹療椶蠅鯊・劼砲屬弔韻襦・爐無い任垢・△△鵑燭蓮・・△譴曚票崙擦暴个舛礇瀬瓩世辰童世辰燭蹇!!」

もう自分でも訳がわからんほど怒り狂う。あんた、死ぬ気ですか!?
あんなに車道に出ちゃダメだって言ったろ!!!

息子も息子で死ぬほどの恐怖を味わったに違いない。
わしに怒鳴られてようやく泣きはじめた。

その後運動会に一応行ったけどわしは一時間ほど足の震えが
止まりませんでした。
息子もかつてないほどのローテンション。
競技になんか参加する余裕もなくしおれている。

でもね。でもこりゃやっぱりわしが悪いよ。
幼児にはどんなに言い聞かせたってやっぱり近くにいないとね。

とくに自転車なんかに乗ってるときはね。何かの時には走ってすぐ掴まえられる距離にいないとだめなのよ・・・。
猛反省です。
それから数々のバランスに感謝した。
車のスピード。
タイミング。
その車の次に走ってきた車はすごいスピードだった。

一台前にあれが走っていたらまず助からないな。

見えない何か。
殊勝にもご先祖様にまで心の中で手を合わせました。
そして夜には

「そーいや今日誕生日じゃん!!」

そう、絶対ダメだと思ったのにすんでのところで息子が
無事だったこと。
これは何よりの誕生日プレゼントではないでしょうか!?

今日の最高のプレゼント。

こんな子になってほしい、あんな子になってほしい・・・。

そんなのどうでもいいです。

とりあえず元気で生きていてくれ!

今のところ君に望むものは他には何もないです。

なーんにもね。

posted by ヴー1 at 00:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

本日は

朝のうちやや雨だったがあとはまあまあお日柄も良く
(明らかな誤用)よかったです。
今日は代々木のほうの会社は休みなので地元のP−ラだけ。
朝から通院ラッシュです。内科・婦人科・皮膚科・・・。
来週あたりから眼科も加わるな。季節柄アレルギーが結構出る。

うちにいるとおにゃんこ様二名がまとわりついてきます。こっちは掃除・洗濯・早めの晩御飯の用意・・・とバタバタしておるのに。

でもとってもかわいい。かわいいけど基本的にネコアレルギーの
わしは時期によってひどく反応する。そして今がそう。
朝からクシャミと鼻水・鼻詰まりが鬼のように襲ってくる。
目もかゆい。ついでに喘息も勃発。軽いけど。

夜中も明け方も上を向いて眠ってるのに鼻水が鼻の穴の奥から
モリモリと盛り上がってきて「ツツーっ」と垂れてきます。
上を向いているのにだよ!?ホントだよ!

起きたら起きたで両鼻にティッシュを詰めたまま

「ビィーックシ!!」と、

カト茶のようなクシャミが連続で20回出たりする。
いや、ホントだよ!!

鼻炎じゃない人にはわからないだろうが腹筋も使うし
いちいち動作も妨げられるし、いそいでる時は本当に腹が立ちます。
一度アレルギーのない人生を過ごしてみたい・・・。

でも今日は早めに夜ご飯の支度が出来たので帰宅してからそんなにあわただしく動くこともなかった。息子んぐとも余裕で会話できる。「絵描いて!」にもつきあってあげようかな・・・と心の余裕も生まれる。描いてあげませんでしたがね・・・。だって絵描くの苦手だし何より嫌いなんだもの。だからおだてて一人で描かせた。いっちょまえに謙遜とかしやがる。
「えー!ボクそんなにうまいかな??(照れ笑い)」
「うまいよ!わたくしには描けないわ!」
「なんで?(ちょっと優越感)」
「うーん生まれつき・・・かな」
「ふーん・・・。でもおかーさん、う○この絵、上手だよ!


ちっともうれしくないです、先生!!
posted by ヴー1 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

幸!!

昨日の夜から息子がいません。家出しました。
というのはうそで三鷹のじいばあの家に泊まっております。本人が強く望んだので。
もー万歳三唱です。

おかげで今日は休みなのに朝から誰に振り回されることもなくまーったりと過ごしました。
連れと二人してずるずると布団を堪能し、ゆっくりと起きてラーメンを作って食べました。二人で「すてき・・・」をうっとりと連発。「戦いごっこ」も「これ描いて!」も「公園行きたい」も「うんち〜!!」もナシです。お互いわさわさと動く気にもなれず、本当にボーっとして過ごした。

・・・貴重。貴重だ!なんという贅沢!!
休みの日のこんなあたりまえ(だったよな、過去には)なことさえも大変貴重に思える。
「小さな幸せ」ってやつですか・・・(遠目)あんなに小さいのに子供はすごいよな。なんでもなかったこんなひと時さえ「贅沢」なことと思わせる。
ダメ人間のわしは彼によって知らず知らずに日々鍛錬している。
「忍耐」「許し」・・・etc。どうりでわしは仏に近づいていく
はずだよ・・・(薄ら笑み)

そういえばこないだのわしの平日休みの日、息子も一緒に保育園を休んだ。お昼ついでに買い物&外遊びにでかけようとすると「ボクの自転車で行く!」と言う。「疲れたって泣いてもわしは手伝わん!!帰りもちゃんと一人で乗って帰れるか?」と念を押し出かけた。補助輪つきの「オレの自転車」にまたがり、すこぶるうれしそうである。「わたくしの後ろを付いて来なさい」という指令にも「はい!」といい返事ではりきっている。

東京は道がせまいからね。車一台すれすれのところもたまには通る。まー、こっちが一人なら問題なしなんだが4歳児(しかも補助輪つきだが自転車乗ってる)が一緒となると親としてはすごーく気を使う。
「白い線からはみだすなー!」「だいじょうぶ!」「止まれ、止まれ!!」「はい!」
「早く!今!今、渡れぇぇ!」「わかった!」
・・・神経を使うこと山の如しだ。後ろを走っているヤツのことばかり気になり、たまにちらちら振り返る。振り返るたびに何故か満面の笑みな息子。その顔がすごーくおもしろかったので後ろ向きで「顔!顔!」とゲラゲラ笑ってたらわしが電信柱にぶつかりました・・・。

「おかーさん、ちゃんと前見て走りなよ(白い目)」

・・・・・・・

そしてさらに彼は言った。
「大丈夫!ボクのことは安心しないで!!(鼻の穴ふくらんどる)」

オ、押忍!!基本的に安心してないんですがね。間違った日本語で堂々と「オレは大丈夫」と主張する彼を見て、わしは仏にまた一歩近づいたのであった。

posted by ヴー1 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

わしは結構体力があるのであまり疲れを感じないタチである。もともとガタイもいいし(笑)、幼い頃水泳で培った肺活量+十代から続けていたダンス・・・により同年代に比べればタフなほうだと思う。

ところがここ数年すっかり自信をなくしている。ここ数年・・・。
子供が生まれてから家に帰ったらゆっくりできる、という状況が
皆無になったしまったせいだろうか。いつもいつでも彼はいる。
新生児〜1才頃までは夜中に何度もたたき起こされる。
でも朝から仕事。歩けるようになってからは目が離せない。

話がだんだん通じるようになってきた2才後半からは反抗期が始まる。そして「見てて」攻撃。さらに3才以降は「一緒に戦おう!」だの
「相撲をとろう!」だの「この絵を描いてくれ」「遊んで」・・・Etc。

おまけにこっちがペースを作らないことには好きなだけ起きている。
息子もわし同様相当体力があるのだろう。普通の子ならとっくに
寝てるよ!!という状況においてもかなりしぶとく起きている。
おまけに寝る前は必ずグズる。今はまだマシだがちょっと前までは
眠いときは某ホテル「Hトヤ」のCMのイキのいい魚のようでした・・・。

もうちょっと自分は元気だと思っていたのだがな。年もあるのかな。

ここ一週間ほんとに寝込んだ。風邪の予兆もないままにあっさりと
熱が出た。しかもずーっと下がらん!!リンパが痛ぇ!動けん!

あんなに健康食品を愛用しているのに!
神も仏もねぇのか!?
熱と痛みでうんうん唸っているわしは体力がなくなったのは
オメーに振り回されてるからだ!!と軽く息子を逆恨み。

でも当の息子は言いました。

「おかーさん、ちゃんと薬飲みなよ。治ったらビール買って
あげるからね。3本!」


・・・・・・・3本っすか・・・。その数はどこから出ました?

親というのは単純なものです。軽く逆恨みされているのを
知ってか知らずか数はどうでもいいとして

「人を心配するような(思ってなくても)口をたたくように
なったのー!やっぱ、オマエ好き!」などと思ってしまうわけ
です。
posted by ヴー1 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

冒険王2

ずいぶん久し振りです、すんません。
さて、彼の次の課題は「信号のない道路を渡る」である。
しかもたったの一度。一方通行の道であるが結構車通りがある。
ので、事前に厳しく言っておいた。「ちゃんと右と左を見て車
とか自転車が来ないか確認するんだぞ!!」

息子「右って??」

わし「・・・まあ、よい(説明するの面倒くさかったりする)。あちこち見て車とか自転車とかいないかちゃんと見るの!いなかったら渡るんだよ。」

息子「うん、わかった!」


で、あちこち見るのはいいんですが、あちこち見すぎなんですよ・・・。上とか見てるし。
意味無くキョロキョロしてるし。
ただの首振り運動になってました・・・。
しかも見ればいいってもんじゃないんですよ、先輩・・・。
見る→車いない→渡る→また見る→車いない→渡る・・・・・・
ジグザグに延々と5回ほど繰り返しました。
一度でいいんですが!!

一度渡れば事足りるんですがぁぁぁ!!

何度も何度も斜めに道路を横断。S田K兵(inあぶ刑事)
みたいになってました。まったくもう・・・と額に手を
何度やったか。

幸い車が来なかったので二度目のライフラインは出ることなく、
無事保育園にたどり着きました・・・。
迎えのお母さん達と先生にびっくりされ、彼は得意満面。
こそこそ「すいません、すいません」とあやまるわし。
H田I朗、4才の夏。初めての冒険は終わった・・・。

親、ヒヤヒヤ。彼が己の命を己で守れるようになるまで
あと何年かかるのだろうか・・・。
posted by ヴー1 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子S(BOW&BON) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。